ARTICLE

ARTICLE

ゆたかさはここにあった。

国会議員をみてはふざけんな!という想いが沸々と湧き上がる。 身を粉にして働いても医療現場の働きにくさは研修医になってから10年以上なにも変わっていない。相変わらず開業医は大金を得て、夜間の救急で勤務医は疲弊。正月も盆もなく勤務医は働き詰めで...
ARTICLE

話にならない 別れは無間地獄からの解放

話にならない。 こんな経験はだれであってもあるんじゃないだろうか。 程度の差はあれいつもコミュニケーションをとっている相手が自分と同じ波長で話してくれるとは限らない。不快な感覚を日常的に感じることも少ないかもしれない。 例えば、仕事でのミス...
ARTICLE

性交渉の同意うんぬん

ジャニーズ性加害を発端として『性加害』という言葉がようやく定着した日本。松本人志さんの性加害疑惑で今年も性加害という言葉が世に氾濫しそうな予感です。成人した男女の問題だから厳密な性加害とはズレてるような気もしていてハラスメントの範疇のような...
ARTICLE

能登震災を支援できる共助 

1月1日 16時。僕はジムにいた。 有酸素運動中でマシンにまたがっていて揺れには気が付かなかった。 ジム内のテレビで地震速報が流れ、ジムの利用者でざわついていたのを覚えている。 シリアスな雰囲気が一瞬流れたけれど 元旦ということもあって被害...
ARTICLE

自分が組織を作るなら

コーチング脳の作り方という本を読んでいる。 将来自分のチームをもって起業したいと思っているから。 自分の価値観は何か。 自分のあるべき姿はどんなものか。 自問自答を重ねてDr.Taroという自己解像度を上げることに役立つ一冊。 本は読み始め...
ARTICLE

松本人志さんが消されていく社会

芸能界のレジェンドが性加害疑惑として文春砲を喰らった。 本人は認めておらず裁判で争う姿勢を見せている。 とまあこんな報道が昨年末にあったばかりだが年明けから ワイドナショーに出る出ないでもめている。 本人はX(旧ツイッター)でその番組に出る...
ARTICLE

犬猫 ブリーダーを巡るこの数か月の旅

ある日パートナーと話し合った。 近い将来、犬か猫か(それともその両方か)をファミリーに迎え入れたいことを伝えた。 我々は夕食後に散歩に行くことが多く、 そこに犬がいるとにぎやかになるし、生活がにぎやかになるはず というのが自分の考えだった。...
ARTICLE

チームリーダーをやらねばならない人へ

このメディアでも何度か書いている。 日本の組織運営でなかなかうまくいっている場面に遭遇しないというのがDr.Taroの見解だ。 チームで結果を出している組織もあるだろう。 ただその構造を俯瞰してみると、チームリーダーが仕事をバリバリこなして...
ARTICLE

優秀でもその後が続かない社会

日本の社会は組織づくりが下手。これ、勤務医時代にいつも感じていた。 偏差値教育に似たところがあって、 あいつは頭がいい、優秀だ、というのは何によって決められているかといえば ほとんどが出身大学であり、ある程度仕事をバリバリこなす結果を出すこ...
ARTICLE

Will CAN MUST  仕事の中心に何をすえる?

最近GOAL-Bというコーチング事業の勉強会やらYOUTUBEやらにどっぷりハマっている Dr.Taroです。こんにちは! GOAL-Bの勉強会や会議をみているとやたらテンションが高くて お近づきには決してなれないと思ってしまうのですが心か...